So-net無料ブログ作成
検索選択

バストにハリがなくなり下垂しやすくなる

妊娠2~3ヵ月頃から、すでに始まっている乳房の変化。


この時期から、乳腺は発達しているのです。


出産後の母乳に備えて、乳腺が発達するとともにバストもどんどん膨らんできます。


出産直後ピークを迎えたバストは、その後徐々に乳腺脂肪が減少し、バストにハリがなくなり下垂しやすくなるのです。


しかし産後5~6ヵ月は脂肪組織が流動性を持ち、この時期にエクササイズをしたり、下着でコントロールすることで脂肪組織の中の水分が汗や尿になり、バストアップにつながります。


また、バストアップした美しいバストラインをつくることができます。


出産によってバストの形が変わってしまうことに不安を持つ女性や、産後、実際バストがしぼんでしまったり、垂れてしまったりして嘆いている女性は多いもの。


しかし、妊娠・出産の時期は身体の代謝や分泌がさかんになり、美しい身体を作るチャンスでもあるのです。


少しの努力と気を使うことで、産前よりバストアップしたハリのある美しいバストをつくりましょう。









コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。